力が抜ける!思うように身体が動く! <踊る身体の骨&コツ>

AT Dance さちこのアレクサンダー・テクニーク&マッピングレッスン

肘から腕を使う その肘ってどこ?

肘から腕を使う 動かす

こういう言い方はよくありますが

その”肘”ってどこだと思って動いてます?



肘といったら 後ろに出ているあそこでしょ?

そう思うのが普通ですよね

私もそう思ってやっていたのですが

スパイラルを探究するうちに変わったのです


ちょっと視点を変えて 肘の内側

こっちに動きをリードしてもらうと

たとえば横に腕を上げるときにも

いい感じに動きがつながるんですよ〜♪

DSM(ダブルスパイラル・ムーヴメント)でお伝えしている

腕のスパイラルの通り道がここなのです☆

ほんの2cmくらいの差だけど

全体の動きのクオリティの差になってるかもよ!?

(そこがボディマッピング☆)

 

もちろん楽な首とふわっと高い頭

全体がキラメク私で動くことは一番大事です

それがあってこそ 肘の内側リードで

腕全体が波打つようにしなやかに動きます♪

スネークアームも 白鳥の羽ばたきのような動きもね!

 


動きはカーブとスパイラル

骨で動きを考えて 骨で踊りましょう☆

 

AT Danceのレッスンはこちらから

https://reserva.be/atdanceyoyaku

 

あなたの身体に合った使い方

踊るカラダの使い方 アレクサンダー・テクニーク

第2・4火曜 18:45〜20:15 代々木

第2・4水曜 14:15〜15:45 新宿

RESERVA予約システムから予約する

 

東京体験ワークショップ

■余分な力を抜いて踊る アレクサンダー・テクニークWS

6月29日(土)13:15〜15:45 代々木

RESERVA予約システムから予約する



HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

https://www.atdance-lesson.com/