力が抜ける!思うように身体が動く! <踊る身体の骨&コツ>

AT Dance さちこのアレクサンダー・テクニーク&マッピングレッスン

アゴが上がってしまう でも引くと二重アゴ・・

アゴが上がってしまう

アゴが上がってるよって言われる

 

疲れているときも アゴが上がりますよね

アゴが上がる=頭が後ろに落ちる

なので あまり良い状態ではありません

 

かといってグッと引くと二重アゴ・・それもイヤ(^^;

さて どうしましょうか

 

疲れているわけでもないのにアゴが上がってる人は

自分で上げていませんか?

 

胸を上げたら 顔も全部上がったとか

鼻先から前を見るようにとか

顔が前に出ないように 後ろに引いているとか

 

何かの理由があってやってることで

結果としてアゴが上がってることが多いです

 

こういうときってたぶん

首の後ろがギュッと 力入って張ってると思うのね

 

なので その力を少しずつゆるめてみましょう

 

まずは 頭と坐骨が反対方向に離れていること

頭は鼻より上にあることを思い出して

それから首の後ろをゆるめていきます

少しずつでいいですよ

 

だんだんと頭が前に下りていきますよね

もしかしたら首だけでなく

胸や背中のあたりまで動きたくなるかもしれません

頭と坐骨の反対方向は ずっと覚えておきましょう

 

骨の構造として 首(頸椎)は

頭(頭蓋骨)を真ん中あたりで載せてますが

前側の方が少し重いです

 

だから無意識に持ち上げてしまうのかもしれないけど

逆にその重さに任せて 少しずつ後ろをゆるめていくと

アゴを後ろに引くことなく 下りてきます

 

これなら二重アゴにもならなくて

長い首を見せられますよ(^^)b

 

逆に 顔が前に出ているから

アゴも前に離れちゃっている場合もありますね

(疲れているときもこっち)

 

そのときも 首の後ろは同じように縮んでいます

でも ただゆるめると下を向いちゃうので

まずイスで 背もたれに寄りかかりましょう

少し頭が後ろに落ちたくなるので

そこから同じように前側の重さで首の後ろをゆるめます

頭のてっぺんが前から上へいきながら

背もたれから背中を離しましょう

 

縮めている習慣が長い人

少し筋肉がゆるみにくくなっているかもしれません

そんなときはレッスンへどうぞ

少しずつ動きながらゆるめていきましょう

 

骨のしくみに合った使い方

骨で動きを考えて 骨で踊りましょうね☆

 

■踊るカラダの使い方 アレクサンダー・テクニーク

第2・4火曜 18:45〜20:15 代々木

第2・4水曜 14:15〜15:45 新宿

RESERVA予約システムから予約する

 

体験にもお勧め(あと3名さま!)

■余分な力を抜いて踊るための アレクサンダー・テクニークWS

6月29日(土)13:15〜15:45 新宿

RESERVA予約システムから予約する

 

まずは一人でゆっくり体験

■個人レッスン 夏の体験Day

7月15日(月祝) 代々木

13:15/14:20/15:25/16:30

RESERVA予約システムから予約する

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

https://www.atdance-lesson.com/