力が抜ける!思うように身体が動く! <踊る身体の骨&コツ>

AT Dance さちこのアレクサンダー・テクニーク&マッピングレッスン

使っているつもりで ただがんばっていた <がんばらないコアトレ!>

「自分が力でがんばって動かしていたことがわかりました」

 

今日はZEN PLACE Yoga 五反田スタジオで

<アレクサンダー・テクニークで使えるコアトレ>

(先週できなかったやつね)

 

アレクサンダー・テクニークって何?から始まり

コアトレのときにどう使いたいかを練習し

いざスタート 実践☆

 

骨盤底筋・大腰筋・腹横筋

今日やったのは主にこの3つ

 

仰向けでひざを立てたところから

首が楽で長くて 頭と坐骨が離れているままで

脚を伸ばしたり戻したり

床から離して戻したり

すご〜く地味な動き(笑)

 

無意識にいつもどおりやったら

たぶん脚を伸ばそうとがんばるし

戻して立てるときは引き寄せます

動かしていない方の足は床で踏ん張ってるかも

 

それを一切やらないで動きたいのですよ(^^)b

 

両膝を立てているところから

たとえば右足のかかとがつま先の方へ

お尻から離れていくと

つま先が床から離れて ももとふくらはぎが床に

戻ってくるときは 

ひざの内側が天井に向かって浮かんでいくと

足裏が床に戻ってきます

左足・脚は静かにそこにあるだけ

 

これやっているとき もちろん体幹使ってますよ

お腹が抜けたら 脚伸ばしたとき腰が浮きます

でも 頭と坐骨は離れてる方向性があるので

体幹(腹横筋・大腰筋)はちゃんと必要なだけ使っています

 

体幹は安定しながら 脚は動いている

でも どこも”がんばって動かしていない”

 

これが ”踊るときも使える”ってこと!

 

スパイラル・コンディショニングのレッスンで

静か〜に腕や脚を動かしているときも

身体をほどいているようで 実は体幹も使ってます

(使ってる感はゼロと思うけど!)

 

体幹の筋肉を上手に使えるのは

そのさらに奥の骨の軸が(頭・脊椎)

本来の仕事をしてくれているからこそです

 

やることに夢中になっちゃうと

ただ必死に動かす&保つをがんばってしまうけど

まず骨の自分軸がありますからね〜!

 

ZEN PLACEでは来月も続きをやります

AT Danceとしては 8月12日の夏のWSで☆

(↑ 今書きながら決めた)

 

でも気になった人はいつでもレッスンで質問してね

 

■踊るカラダの使い方 アレクサンダー・テクニーク

第2・4火曜 18:45〜20:15 代々木

第2・4水曜 14:15〜15:45 新宿

RESERVA予約システムから予約する

 

体験にもお勧め(あと3名さま!)

■余分な力を抜いて踊るための アレクサンダー・テクニークWS

6月29日(土)13:15〜15:45 新宿

RESERVA予約システムから予約する

 

まずは一人でゆっくり体験

■個人レッスン 夏の体験Day

7月15日(月祝) 代々木

13:15/14:20/15:25/16:30

RESERVA予約システムから予約する

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

https://www.atdance-lesson.com/