力が抜ける!思うように身体が動く! <踊る身体の骨&コツ>

AT Dance さちこのアレクサンダー・テクニーク&マッピングレッスン

肩甲骨を下げるってどういうこと?

”肩を下げる”と同じように言われるのが

”肩甲骨を下げておく”

 

でも 私のクラスではよくお伝えしてますが

肩甲骨を下げておくと腕の動きが不自由になります

 

じゃあなんで「下げておいて」って言われるの?

この”下げる”をどう解釈するかを考えてみましょう

 

肩甲骨の動きとしては

・挙上と下制

・内転&外転

・上方回旋&下方回旋

この3方向があります。

 

下制(かせい)というのがいわゆる”下げる”

でもこの下げるをやると 腕の動きは不自由になっちゃうのです

本当にやりたい”下げる”はこれじゃないんですよね!

 

では 上に挙げた中のどの動きでしょうか?

 

下げるという言葉が入っているのは”下方回旋”ですが・・・

 

逆の”上方回旋” が正解

肩甲骨を下げるために起きてほしい動きなのですよ

 

たとえば 左腕を上げるとき

肩甲骨は腕についていって時計回りに動きます。

これが上方回旋

このとき肩甲骨の腕側(外側)は腕と一緒に上がるけれど

(肩は上がるのよ!)

脊椎に近い側は回って下がります

 

下制(下げる)のと上方回旋の動きの違いはこんな感じ

 

この上方回旋の動きは

腕を横から上げるときはもちろん

前から上げるときも起きてほしい動きです

腕は身体の前側で動くものでしょ

 

てことは ほとんどの場合この方向に動きたいのです(^^)b

 

なのに!

肩甲骨って背中側では他の骨とつながってなくて

つながってるのはたくさんの筋肉です

だから気づくと違う方に動いちゃうんですよね〜(^^;

 

首周りに力が入れば肩甲骨は持ち上がっちゃうし

アゴが上がると後頭部と肩甲骨は近づきますね

そこの筋肉は縮んでいます

 

胸を張って肘が後ろに行ってる人は

肩甲骨を寄せて〜上げて〜

引っ張り上げているかもですよ(下方回旋や挙上ね)

そのままで腕を動かしたら・・・でしょ💦

 

だから言われます

「下げておいてね!」

でも何度も言うけど

ただ下げるのとは違うんですよ〜!

 

まず楽な首とふわっと高い頭

アレクサンダー・テクニーク使うことから☆

 

頭が脊椎の上でふわっと前に転がって

首から背中にある大きな僧帽筋が広がると

肩甲骨の三角の下の方が外に回りながら

(上方回旋ね!)

その延長で肘も外へ離れている・・・

 

これは余分な緊張が抜けることで起きる動きです

広げるのでも 離すのでもなく

引き寄せるのをやめたら元に戻る それだけです

ここから始めると 腕は(手は)自由に伸びていけます(^^)b

 

そこがアレクサンダー・テクニーク

骨で動きを考えて 骨で踊りましょう💗

 

スパイラル・コンディショニングのクラスでは

この動きをたくさん使えるようになっています

一緒にやりませんか〜♪

www.atdance-lesson.com

 

あなたの身体に合った使い方

踊るカラダの使い方 アレクサンダー・テクニーク

第2・4火曜 18:45〜20:15 代々木

第2・4水曜 14:15〜15:45 新宿

RESERVA予約システムから予約する

 

東京体験ワークショップ

■余分な力を抜いて踊る アレクサンダー・テクニークWS

6月29日(土)13:15〜15:45 代々木

RESERVA予約システムから予約する



HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

https://www.atdance-lesson.com/