力が抜ける!思うように身体が動く! <踊る身体の骨&コツ>

AT Dance さちこのアレクサンダー・テクニーク&マッピングレッスン

「自分で変えていけるのがいいなと思いました」 3/2 京都ワークショップ☆

「自分の体について知らないことがまだまだたくさんあること。

 知ることで楽しく楽に動くことができることなどがおもしろかったです。

 自分で変えていけるのがいいなと思いました。」

 (K.U.さん バレエ)

 

そうなんです!

アレクサンダー・テクニークは 自分で自分を変えていけるワーク

そこが楽しいところだし 誰でも一生使えるのです♪

 

3月2日 京都ワークショップ

ご参加いただいた皆さん ありがとうございました💗

 

ベーシックと 膝の使い方をテーマにしたクラス

2コマで4時間たっぷりと

ダンスに限らず いろんなことをあれこれと

”キラメク” 全部が動ける私でやってみると・・

 

「自分が思ってる以上に体は自由に動かせる可能性☆」

(S.K.さん モダンダンス)

 

リピーターさんも 毎回新しい気づきがあって

自分の身体を再発見していく

可能性を発掘していくのは楽しいですね(^^♪

 

やろうとすること

対象にフォーカスすることよりも

やっている”自分”を大事にしたいですよね💗

 

前半はベーシックなのでいろんなことやりました

 

パートナーと組むときの手が気になるAさん

手(指先)にリードしてもらうと

「腕で上げようとしていた」ことに気づきました

 

寄りかかってイスに座るときも

少しの方向性の違いでより楽に♪

 

逆に足のサポートを使って 股関節から前傾

ピアノを弾くときの動きもやりましたよ

 

股関節から前傾する動きから正座でご挨拶なんてことも

 

 

後半は膝を柔らかく使った動きがテーマ

脚の3つの関節のしくみや動くときの方向性などもお伝えします

 

いろんなことをみんなで遊びましたけど

ダンスでの動きより 日常の動きが多かったかな

楽に座って立つ しゃがむ

ダンスはその延長ですからね

 

スタート時にはできないと言っていたのが

「しゃがんでも平気、正座もできます」

(しまこさん バレエ)

 

 

ひざの内側が動きをリードしていくと

脚は本当にスムースに動き出します

 

 

そういえば動きを止めていた

動きの方向が少し違っていた

足のアーチをがんばって作ってた

やってるつもりと違うことをやってた

 

いろんな思い込みや勘違いがありますよね!

わちゃわちゃと興味と関心の赴くままに

あれこれやった4時間はあっという間でした

 

「体を正しく使うことで 心もゆるめることができるのがすごいと思った」

(S.K.さん)

 

「身体全体を通しての体を見る(ところに興味)。

 今回は首頭の方向が発見☆」

(enkoさん コンテンポラリー)

 

「”余分なことをやめる”ということがさらに奥深いなと思いました」

(Y.T.さん)

 

「なんでも疑問に答えてもらえるので、お悩みのある人すべてにお勧めしたい」

A.T.さん アルゼンチンタンゴ

 

なんでもかわからないけど(笑)

何かヒントはあげられると思うし

一緒に見つけていけたらいいですね〜

 

次はあなたも一緒に自分再発見しましょ☆

 

3月30日は東京ワークショップは”腕”がテーマ

RESERVA予約システムから予約する