力が抜ける!思うように身体が動く! <踊る身体の骨&コツ>

AT Dance さちこのアレクサンダー・テクニーク&マッピングレッスン

ベリーダンスのお腹と腹筋

ベリーダンスで見られる

お腹がフルフルと波打つような動き

 

あれは腹筋がどうなってるのか?

どう教えたらわかりやすいか?

 

講中の指導者向けコースで

そんな質問をいただいたので

一緒に考えてみました

 

 

私はもちろんやったことないので

ご本人にやってもらうと・・・面白い!

 

胴体自体は動かなくて

肋骨と骨盤の間にあるお腹

そこだけが波打つように動きます

 

 

お腹を引っ込めるのは腹横筋だけど

腹横筋はたらくと腹圧高くなって

お腹が動きにくいはず

 

タテ方向の動きなので

関係するのは腹直筋ですね

 

どうやったら動けるかなぁと

完全素人目線で考えていくと・・

 

お腹は上と下別々に

引っ込めることができますね

 

腹直筋といえば6パック

肋骨から恥骨までの

タテに長い筋肉ですが

途中で幕の内弁当のように

段々に分かれています

 

 

 

ということは

それぞれのエリアで

収縮できるんじゃん?

 

これを上から 下からと

順番に縮める場所を移動したら

波打つ練習ができるのかなと

 

もちろん大事なのは

楽な首ですけどね(^^)b

 

 

普通の筋肉は 一つの繊維束なので

部分的に収縮させるとか

そういう芸はできないです

だから腹直筋は特別ですね

 

 

その場では思いつかなかったけど

”肋骨を広げて横隔膜を震わせる”

っていうのも

もしかしたら 腹直筋の一番上を

フルフルさせてるのかも?

(あくまでも推測ね)

 

 

いずれにしても人間の身体は

本当にいろんな動きができますね〜

 

自分が知らないことを探究するのは

とても面白かったです(^^)

 

 

AT Danceのレッスンはこちらから

https://reserva.be/atdanceyoyaku

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

https://www.atdance-lesson.com/