力が抜ける!思うように身体が動く! <踊る身体の骨&コツ>

AT Dance さちこのアレクサンダー・テクニーク&マッピングレッスン

さじ加減が大事

どうしても 余分な力を使いすぎてしまう

力んでしまって 動きが硬くなる

 

でも 力が足りないと

やりたいことができない

 

力を使えば やりたいことはできちゃうから

 

”できた”経験を再現していると

つい力をたくさん使いすぎてしまう

 

使っているうちに慣れてくると

足りない気がしてしまって

もっと使いすぎてしまう

 

本当は

やりたいことに必要な力だけ使っていれば

動きのクオリティもアップするし

疲れにくくなるし

身体も痛めにくくなります

 

力のさじ加減が大事

なにごともね

 

 

じゃあどのくらいがいいんだろう?

 

それは あなたの身体の方が

ちゃんと知っています

 

楽な首と ふわっと高くて自由な頭があれば

あなたの全体がそれについていって

協調して動ける準備ができます

 

あとはやりたいことがハッキリわかっていれば

身体は必要な力で 必要な動きをしてくれます

 

身体の方が知っているから

余計な干渉はしなくていいのです

 

 

「もっとここを使わないとダメよね」

「こっちに動かした方がいいよね」

 

それは要らないです

だから余分な力を使ってしまいます

 

 

身体がもっている能力を

ちゃんと使ってあげましょうね(^^)b

 

■踊るカラダの使い方 アレクサンダー・テクニーク

<1月のグループレッスン>

13日(月・祝)16:15〜17:45

15日(水)14:15〜15:45

24日(金)19:15〜20:45

29日(水)19:15〜20:45

 

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!