力が抜ける!思うように身体が動く! <踊る身体の骨&コツ>

AT Dance さちこのアレクサンダー・テクニーク&マッピングレッスン

力を抜いて踊るために

「どうしても力が抜けません」

「力を抜こうと思っても うまくいきません」

「苦手なことをやろうと思うと

 力が入っちゃいます」

 

さて どうしましょうか

 

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

余分な力が入ってしまうと

動きが硬く ギクシャクしますね

腕や脚も引き込んで短く見えます

それと 緊張して見えます

 

「力の抜き方を知りたい」

 

アンケートにもよく書いてあります

 

 

力が入ってしまう理由はいろいろですが

一番の理由はこれじゃないでしょうか

 

「力が必要だと思っている」

 

力が”入ってしまう”のではなく

”入れてしまう”です

あなたが 自分で力を入れています

入れることが癖になっているのです

 

まずそのことを認めましょう

あなたの身体に力を入れさせることは

あなた以外に誰もできないでしょ(^^)b

 

 

さて これは癖・習慣です

だから 入れるつもりがなくても

勝手に入ってしまいます

厄介ですね

 

でも 自分がやっていることですから

自分で変えることもできるわけですね

これは朗報です♪

 

 

ただ 力が入ってしまうときあなたは

「力を抜かなきゃ」って考えますよね

これはうまくいかない方法です

力は「入れるもの」だから

 

踊っているときに 力が入ってる自分に気づいて

「わぁ〜力を抜かなきゃ!」って思うほど

脳が”力”という言葉を受け取って

もっと力が入っちゃいます

 

「動けない」

「硬い」

「できない」

 

こうした言葉もNGワード ですよ

頭の中で思っているだけで

身体はそのとおりにやろうとします

だから 力はもっと入ります

 

それよりも

「力が抜けたとき どんなふうに踊っていたいか」

 

考えたいのは あなたの望みです☆

やりたいことをやりましょう!

 

 

 

だいたい 力が入ってしまうときは

余計なことも考えすぎています

もっとシンプルでいいんです!

 

首が楽で 頭がふわっと高い

足は床についている

 

このくらいシンプルにしちゃいましょう☆

 

あとは やりたいことがハッキリしていれば

身体はちゃんとやってくれます

本当ですよ(^^)b

 

 

全体が自然のバランスの中にあって

楽に立っているところから始める

自分がどんなときにがんばりたくなるのか

だんだん気づけるようになってきます

 

気づけたら やめることもできます

力でがんばる癖が減っていきます

 

あせらずに練習しましょう(^^)

 

 

「身体を活かす使い方」のレッスンでは

あなたが力でがんばりたくなっている動きを

実際にやっていただきながら

自然に動くためのプランを見つけていきます

 

いろいろな視点から

あなたが自然なバランスの中で

やりたいことをできるように

がんばり癖をやめられるように

サポートしていきますよ(^^)

 

まず3ヶ月 自分のペースで続けてみてください

必ず良い変化がおきます

 

■身体を活かす使い方 アレクサンダー・テクニーク

3ヶ月コース(振替ができます)

・週1回 全12回 水曜19:15〜20:45

・月2回 全6回 水曜14:15〜15:45

 

チケット受講(3ヶ月有効)

・3回チケット

・5回チケット

 

→ 詳しくはこちら

 

■アレクサンダー・テクニークでダンス力アップ! 体験WS

4月27日(土)13:20〜16:40

新宿マイスタジオ

→ 詳しくはこちら

 

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!