力が抜ける!思うように身体が動く! <踊る身体の骨&コツ>

AT Dance さちこのアレクサンダー・テクニーク&マッピングレッスン

肩が上がってしまうのは・・

踊っていて肩が上がってしまう

肩を下げてって注意される

 

ジャンルは違っても

踊ってい人のほとんどが

経験あるのではと思います

 

なぜ肩が上がってしまうのでしょうか?

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

 

肩が上がってしまう理由は

もちろん一つではありません

 

●腕の付け根は”肩”だと思っている

 

お人形の腕のように 

自分の腕の付け根が肩と思っていませんか?

 

あなたの腕は鎖骨から始まっています

身体の前側についています

 

 

●脇の下に空間をつくり過ぎている

 

”脇の下に卵1個分の空間”

 

これはよく言われますね

特にバレエの腕のポジション

 

でも 同じ1個でもダチョウの卵くらい

ぱっか〜んと空けている人!

それだけで肩は上がっていますよ

 

脇の下にはすでに空間があります

ただそれを思い出すだけで十分です

(閉じないっていうだけ)

 

●腕を真横で動かそうとしている

 

腕を横で動かすとき

真横に上げようとしていませんか

 

腕を真横に上げながら肘は後ろ向き

そうすると 肘と一緒に肩が前に入りやすいです

それで肩が上がります

 

あなたの腕の”横”は 斜め前です

真横ではありませんよ!

 

 

●肩の高さを勘違いしている

 

”肩の高さに上げる”

それってどこまででしょうか?

 

身体の首からのラインの延長線上?

そう思うとだいたい上がり過ぎます

 

それに 本当の肩の高さは

肩甲骨と上腕骨がつながる関節の高さ

そもそも場所が違いますね(^^)b

 

 

●首が緊張している

 

首から肩甲骨にかけては

筋肉でつながっています

だから 首が緊張すると肩甲骨は上がります

 

僧帽筋

 

ちゃんとやらなきゃ!と思っているとき

とにかく必死なとき

失敗しないか不安なとき

苦手だなぁと思っているとき

焦っているとき

 

首は緊張しますね

 

少し周りを見渡すゆとりをもって

ゴチャゴチャ考えないで踊りましょう♪

 

 

●肩甲骨を考えすぎている

 

”肩甲骨から腕”

これもよく言われます

 

肩甲骨を動かそうとしてがんばると

その周りの筋肉がはたらいて(縮んで)

腕の動きを邪魔します

もちろん首につながっている筋肉もあります

 

首から背中にかけての緊張が起きて

やっぱり肩が上がります

 

肩甲骨は腕の動きについてきてくれるので

ただ放っておきましょう(^^)b

 

 

●肩を下げようとしている

 

肩を下げようとしているのに上がる?

どういうことでしょう?

 

腕を上げるとき

そもそも肩は上がります

 

このときの”肩”は 端の方

鎖骨と肩甲骨がつながる部分

ここを上げないと 腕は上がりません

 

腕(手)を高く上げるときに

端の肩を下げておこうとしている人

肩甲骨自体を下げようとしている人

 

それは身体には無理な動きです

そのままでは腕は上がらないのに

無理に上げようとしたら

全部一緒に上げるしかないでしょ

 

だから端だけでなく首の近くまで

つまり”肩が上がる”が起きます

 

 

 

まぁ そもそも”肩”というのは

構造としては無いですけどね(笑)

 

だから 何を下げて起きたいのか

実際に動く骨としては

どこがどうなっていたいのか

わからなくなっちゃうのです

 

胴体と腕がどうつながっていて

腕がどう動いているか

実際のところ知らないですよね

 

そのままで無理な使い方をして

四十肩・五十肩なんてならないように!!

 

 

3月の踊る身体の骨&コツレッスン

マスタークラスのテーマは

「肩関節の動き」です

 

肩が上がってしまう人

腕が短くなってしまう人

肩に痛みが起きやすい人

 

自分の腕を再発見しましょう☆

 

■踊る身体の骨&コツレッスン マスタークラス

 「肩関節の動き

 

3月14日(木)11:15〜13:45

3月19日(火)19:15〜21:45

3月20日(水)14:15〜16:45

 

1日で全体の大事なポイントを学ぶ入門編

■踊る身体の骨&コツレッスン 1Day WS

3月30日(土)13:20〜18:40

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!