力が抜ける!思うように身体が動く! <踊る身体の骨&コツ>

AT Dance さちこのアレクサンダー・テクニーク&マッピングレッスン

今日のWSはアルゼンチンタンゴの方と

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

台風・・・大丈夫でしたか?

ていうか 西の方はこれからですね

被害が広がらないことを切に祈ります

 

そんな台風の日の午後でしたが

テーマWS 無事に開催できました

まだあまり雨が降らずにすみました!

ありがたや〜💚

 

 

今日のテーマWSは

「ひざと足首をやわらかく使う」

 

アルゼンチンタンゴをされる方がお二人

ご参加くださいました

なんか最近増えてきましたね♪

 

タンゴといえば こういう感じ

女性はピンヒールですよ!

 

しかもこうした深いランジや

ムチのようにしなる足の動きもあります

やわらかさ 必要ですね!

 

 

「頭が全体のカギ」

 

逆アレクサンダーを体験することから

いつも始まるわけですが

 

頭のロックをはずす=きらめく

 

それだけで すでにいろいろ改善♪

足元のグラグラもなく

やりたい動きができるようになります

全体の協調がうまれますからね(^^)

 

あとはやってみたい動きのリクエストで

ダンスではありませんが

階段の上り下りもやりました

 

「脚の力が要らない・・」

 

「きらめく」=頭が自由になると

力が抜けるというより

そんなに必要なくなるのですよね♪

 

 

一つの発見は

アルゼンチンタンゴは骨盤の水平を

できるだけ保っておこう

そういう考えがあるそうで・・

 

それが股関節のスムーズな動きを

制限することにつながっているらしい

 

脚全体を動かすということは

足裏を床から上げることで

そのためには股関節は曲がる必要があります

 

だけど 十分に曲がることを

許していなかったようですね

 

気づいた後は いろいろと自由になりました(^^)

 

今日もたくさんのキラメキ✨が生まれました

楽しかった(^^♪

 

 

あなたの可能性がきらめく

レッスンのご予約はこちらから💖

 → 予約ページへGO

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!