力が抜ける!思うように身体が動く! <踊る身体の骨&コツ>

AT Dance さちこのアレクサンダー・テクニーク&マッピングレッスン

ひざの動きが柔らかいと ステップもスムーズです

スムーズな足運びやステップのために ジャンプの踏み切りとやわらかい着地のために ターンのプレパレーションのときも!

 

ダンスジャンルに関わらず

ひざが柔らかく使えるって大事ですよね

 

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

ひざがブレーキになってしまうと

ステップが全部ブチ切れちゃいます

左右の足での重心移動がうまくいきません

これでは上手く踊れませんよね

 

 

なぜ ひざを柔らかく使えないのでしょう?

 

 

実はけっこう脚には力が入っています

自分ではそんなつもりはなくて

 

「立つにはこのくらいは必要」

 

そう思っているだけかもしれないけど

そんなに力は要らないんですよね

 

そもそも やりたいことは

立つことじゃなくて

踊ること(動くこと)ですけど(^^)

 

 

ひざを固めたくなるのは

ほかにも こんな引き金があります

 

 

●ひざを伸ばしておきたい

 

本当の意味で伸ばしているなら

おそらく邪魔にならないのですが

だいたいの人がやっているのは

「ひざを後ろに押す」

 

つまりひざを突っ張って

ロックしているので

使いたいときにうまく使えません

 

 

●頭を後ろにひいている

 胸を上げようとしている

 

全体のバランスをとるために

股関節を前に押すことになって

結果としてひざを後ろに押したくなります

 

全体はつながっていますからね

 

そして 股関節が曲がらないと

ひざもうまく曲がることができません

 

 

●足が床をつかもうとしている

 倒れないように足ががんばっている

 

足首ががんばっていると

ひざもやわらかくなれません

足首が曲がらないと

ひざもうまく曲がることができません

 

 

●お腹の締めすぎ

 

お腹に力を入れ過ぎると

股関節周りにも力が入って

脚全体が動きにくくなります

 

 

●自分の身体を勘違いしている

 

先日「ひざはどこで曲がる」と

質問を投げましたよね

 

 

●首の力で頭がロックされている

 

一番上にある頭を止めてしまったら

脚も思うようには動けません!

 

そして 頭がロックされていると

他のことも全部起きやすくなります

 

 

逆にいうと・・

あなたが何をやっていたとしても

頭のロックをはずせば

他の部分も 良い方向に変わっていきます💖

 

頭が 全体のコントロールを決める

最初のカギだから

それが 脊椎動物のシステムだから

 

今月のテーマWSは

「ひざと足首を柔らかく使う」です

 

アレクサンダー・テクニークを使って

あなたの身体本来のシステムに

合った使い方を見つけましょう

 

■テーマWS

 ひざと足首を柔らかく使う

 

7月28日(土) 13:15〜15:45

新宿マイスタジオ5C

受講料:7,000円 <ペア割引12,000円>

 

 → ご予約・詳細はこちら