力が抜ける!思うように身体が動く! <踊る身体の骨&コツ>

AT Dance さちこのアレクサンダー・テクニーク&マッピングレッスン

そこに見えるのは「動き」なのか「ダンス」なのか

え・・動きとダンスの違いは何?

 

はい、全然違いますよ(^^)b

 

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

昨日の記事 ご覧いただけましたか?

「今年初バレエは ル・グラン・ガラ」

 

オペラ座のエトワールたちの競演でしたが

若手3人とベテラン2人では

観ていて全然違っていたと書きました

 

 

以前 トミーさんという最高峰の先生が

演奏家の方にレッスンをしていたときのことです

 

最初の演奏ももちろん良かったのですが

トミー先生が彼の全体性に触れて

彼の中の深いところで「きらめく」が起きて

新しい彼の質で演奏すると 

それは全く違うものだったのです!

 

「この人が演奏している」

 

そう感じました

主役は彼でした

 

最初の演奏では 

「楽器を演奏している彼」が見えました

演奏という行為が主役でした

 

深くきらめいた後では

「彼が、楽器を演奏して」いました

彼自身が主役でした

 

自分を固める何かをやめて

「ああしなきゃ、こうしなきゃ」をやめて

身体全体が自然のつながりを取り戻して

ただ「今ここ」にいる自分に戻る

そこから出てきた音は とても深く豊かでした

 

 

ダンスも同じです

 

踊る作品があって

そのための振付けがあって

身体が覚えた振り付けを

きれいにていねいに踊る

素晴らしいテクニックで魅せる

 

「素晴らしいなぁ きれいだなぁ」

見る人は感動するでしょう

 

でも そこに見えるのは

「きれいな動きや身体のライン」

「完成されたテクニック」

 

「私が踊る」という主語があって

「今ここ」にいるあなたと音楽があって

あなたの中から動きが出てきたとき

同じ振付けでも 質が変わります

見ている人も 心を動かされます

 

そこに見えるのは

「あなたのダンス」

 

あなただからできるダンス

今のあなたから出てくるダンス

 

昨日見た違いはそういうことなのです

 

 

私もああいうレッスンができるように

もっと経験値を増やして

日々きらめく精進をしていきます

 

あなたのきらめく✨ダンスのために!

 

 

==きらめくレッスンはこちらから==

予約フォームからどうぞ

https://reserva.be/atdanceyoyaku

 

なぜか身体が動きやすい!

■身体を活かす使い方

1月18・25日 19:15〜

1月24日 14:15〜

 

緊張をほどいてバランス改善

■踊りやすい身体づくりとダンス基礎 ダンスABC

1月18日 14:20〜

1月23日 19:20〜

 

身体がわかるともっと踊りやすい

■踊る身体の骨&コツレッスン

速習コース<頭と脊椎> 1月16日 19:15〜

マスタークラス<呼吸と声> 1月17日 14:15〜

 

■テーマWS 「脚をもっと高くあげたい」

1月27日 13:15〜

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!