力が抜ける!思うように身体が動く! <踊る身体の骨&コツ>

AT Dance さちこのアレクサンダー・テクニーク&マッピングレッスン

腹筋は締めても 固めないでね(^^)b

腹筋を締めるのはいいけど

ぎゅ〜っと硬くしてませんか?

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

お腹を締めるって

ダンスの人は好きですよね

でも・・ 

締めすぎて動きにくくなっていません?

 

たとえば ねじる動き

これ スムーズにできる人少ないです

「ダンスABC」では立って座って

いろいろねじる動きをやるのですけど

多くの人が 首だけとか

腕だけが後ろにいって

胴体があまり動いていません!

 

 

お腹の部分が 骨じゃなくて筋肉なのは

動くためです

内臓を守って 安定もさせて

でも動く必要もあるからこそ

ここは筋肉なのですよ

 

筋肉は「動くため」にあります

 

骨の方がねじる動きをしたくても

筋肉がストップしていたら

それは困りますよねぇ(^^;

 

お腹を取り巻く腹横筋とかは

セントラルガードルとも言われます

ガードルです

腹巻きです

鎧みたいに固くない!

 

胴体がいろんな方向にねじれて

いろんな形になれるからこそ

自由に踊れるのですよ(^^)b

 

バレエや社交ダンスでは

形を崩してはいけないから・・と

思うかもしれないけど

あれだって 固まってるわけじゃないです

 

「ねじる」って 素晴らしい機能です

胴体において 肋骨と骨盤が

「違う方を向くことができる」

 

脚をあげる時も

 

ポーズをキメる時も

 

この構造と機能が活かされてこそ!

なにごとも

「過ぎたるは及ばざるが如し」

力は入れればいいってものじゃありません

 

筋肉は張りを持っていて

よく伸びるけど 元にも戻れる

これが良い状態(^^)b

 

まずスムーズに動ける自分を取り戻しましょう

 

ねじる動きがスムーズにできると

脊椎の周りの小さな筋肉がほどけます

脊椎全体が動きやすくなり

あなたの全体が動きやすくなります

 

今月から ダンスABCには

よりたくさん「ねじる動き」を入れてます

静かに ていねいに

頭のてっぺんから順番に動くこと

ちょっと地味な動きだけど

のびのびと 大きく動くために

きっと役立つ動きです

 

少しずつ 踊りやすい身体を作りましょう

 

■ダンスABC 踊りやすい身体作りとダンス基礎

11月のダンス基礎は「腕を横に上げる・足首の曲げ伸ばし」

14・28日(火) 19:20〜20:50

16日(木) 14:20〜15;50

RESERVA予約システムから予約する

 

■身体を活かす使い方 〜アレクサンダー・テクニーク

11月22日(水) 14:15〜15:45

11月16・30日(木) 19:15〜20:45

RESERVA予約システムから予約する

 

■踊る身体の骨&コツレッスン <2:脊椎の動き>

11月15日(水) 14:15〜16:45

11月21日(火) 19:15〜21:45

RESERVA予約システムから予約する

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!