力が抜ける!思うように身体が動く! <踊る身体の骨&コツ>

AT Dance さちこのアレクサンダー・テクニーク&マッピングレッスン

身体がかたいって どういうこと?

とにかく身体が硬くて・・・

 

こうおっしゃる方が多いのですが

”硬い”って なんなのでしょうね

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊る! 身体のコツ&骨トレーナー さちこです

 

「硬くて前屈ができません」

「肩が硬くて腕が上がりません」

「うまく動かないから 硬いと思うんです」  

レッスンにいらっしゃる方からは

こういう言葉が山盛り出てきます(^^;

 

「できないのは硬いから」

と思っているわけですね

”硬い”っていうのは 「かたい=関節が動きにくい」 「やわらかい=関節がスムーズに動く」

関節がどのくらいスムーズに動くかですよね

では なにが動ける範囲をせばめているのか 「可動域を制限する要因」

まずそれを見ておきましょう ●関節の骨同士が動きでぶつかる

2つの骨が出会う場所なので

動かしたときお互いが近づくと

それ以上動けなくなります

 

●靭帯による制限

関節が動きすぎないように

靭帯はストップをかけます

 

これらは誰にもあるものです

違いがあるとしたらそれは

 

●骨格(個体差)

太さ・長さ・角度・厚み

同じ骨でも全員が違いますね

 

この中で動ける範囲が「あなたの可動域」

骨の違いはストレッチしても変わりません

これは「硬い」のではなく

単なる可動域の個人差です

 

問題はそこではなくて

「本来ある可動域」をうまく使えない

ここが「硬い」につながるわけですよ

 

その要因は・・

●関節をまたぐ筋肉の緊張

筋肉が緊張して動きを邪魔すること

これは自分でやっていることです

 

筋肉が硬いんじゃなくて

筋肉を硬くしている 固めている

 

自分でやっていることの結果です

 

「固めてるつもりはないですが・・」

 

たとえば こんなことありませんか

◇動かそうとする部分を強く意識している

◇どこか別の部分を止めている

◇動かない、硬いと信じている

 

筋肉は意識を向けると働こうとします

つまり縮もうとします

まだ動いていなくても 思うだけで縮み始めます

縮んだままで動いたら・・・

それは動きにくいですよね

 

別の部分を動かないようにしていたら

バランスのために他も止まる必要があります

特に「頭」の影響力は絶大なのです!

 

動かないと思っていれば

おのずとストップをかけますよ

だって身体はあなたの指示で動いています

 

「身体を活かす使い方」のレッスンで

私は生徒さんとよくこんな会話になります

 

「硬かった?」

「硬くなかったです」

 

「動けたね」

「動けましたねぇ…

 

予想外のことでご本人もびっくり・・

なんてことはよくあります

ただ自分が硬くしている

ストップをかけているだけなのですよ!

 

自分が何をしたくなっているか

どこを止めたくなっているか

レッスンではそこんとこを見ています

 

止めている自覚ができて理由がわかれば

その先はあなた次第です

止め続けることを選ぶか

新しいプランで手放すことを選ぶかです(^^)b

 

 

アレクサンダー・テクニークを学んでいて 私がいつも「いいなぁ」と思うのは 「〇〇していいよ」という 自分への言い方  

「動かそう」「動かさなきゃ」「ちゃんと動いて」 という 命令調じゃなく 「動かしてもいいよ~」「動けるよ~」

「ついていっちゃうよ〜」の ゆるーい感じの”お願い” 動いてほしいのは「関節」ですよね そしたら関節をつくる骨たちに

「動いていいよ」「動けるよ」と言いつつ 筋肉には静かについてきてもらいましょ(^_^)b  

もしかして自分はもっと動けるのかな?

私の生徒は 何を止めて動けなくなっているのかな?

 

趣味のダンサーも指導者の方も

レッスンでお待ちしております

自分の可動域 取り戻しましょう♪

 

ーー★ーー4月のレッスンーー★ーー

「身体を活かす使い方」

13・20・27日(木)19:15〜

26日(水)14:15〜

RESERVA予約システムから予約する

 

「指導に役立つアレクサンダー・テクニーク」

4月27日(木)13:15〜15:45

RESERVA予約システムから予約する

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!