力が抜ける!思うように身体が動く! <踊る身体の骨&コツ>

AT Dance さちこのアレクサンダー・テクニーク&マッピングレッスン

太ももの前側が硬くなる

バレリーナが けっこう腹筋が弱かったり

 太ももが硬かったりするのよ」

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊る! 身体のコツ&骨トレーナー さちこです

 

私のダンスの先生は

ヨガやピラティスも教えています

バレエスタジオでピラティスのレッスンをしたとき

冒頭の発見があったことんですって

 

あなたはこの結果に驚きますか?

私は当然だと思いましたよ〜

だって そうなることしてますもん!

 

腹筋にもいろいろありますが

弱くなりがちなのは「腹直筋」ですね

お腹が抜けちゃう

 

これには理由があります

バレエの動きは 身体の前より 

後ろに脚を上げる動きが多いので

いつでもすぐ反れるように?

少し反っている人が多いです

そのつもりはなくても そうなっています

頭を後ろに引いて 胸を上げています

 

引き上げることも関係しています

先日の「軸と引き上げ」のクラスでも

「引き上げてみて」と言ったら

お腹を引っ込めながら胸を上げる動き

みなさんやろうとしていました

前だけ上げちゃう人 多いです

 

これをやると 前は上がっても

背中の方は後ろに下に落ちます

背中が縮むから前は伸びる

つまり お腹が抜けます

 

理にかなっていますね!

 

がんばってお腹を引っ込めても 

腹直筋はあまり働きません

胸骨と恥骨を近づけるのが仕事ですからね

でも 背中の方が縮んでいたらそれはできません

無理にやったら・・・

苦しくて息ができなくなっちゃう!

 

太ももの前側が硬くなるのも

やっぱり やっていることの”結果”です

 

「ひざを後ろに押して伸ばそうとする」

 

太ももの前側

大腿四頭筋は ひざを伸ばすのが仕事

本来のまっすぐ以上に伸ばそうとして

ぐいぐい後ろに押していたら

筋肉は縮みっぱなしです

そりゃ 硬くもなりますよね

もちろん太くもなりますよ!

 

前出の 頭を後ろに引いて胸を上げること

これも影響しています

 

頭を後ろに引いて 胸を上げると

おのずと腰が反ってきます

身体全体が前後に弓なりになって

やはり ひざを突っ張りたくなります

それが立つためのバランスだからです

身体は必要があってやっています

太ももが硬く太くなろうとも!

 

 

自分の身体で感じる

硬い・伸びない・動きにくい

これらは あなたがやっていることの

たんなる結果の表れにすぎないのです

 

それをやりたかったら どうぞ続けてください

もし 起きている結果を変えたい!

そう思うならAT Danceのレッスンにお越しください

 

あなたの身体に合った

あなたの身体を活かす無理のない使い方

身体の中心で引き上げる

突っ張らないでひざを伸ばす

そういう使い方もあるのですよ(^_^)b

 

ーーー・ー3月のワークショップー・ーーー

◉1日集中WS 踊るために知って役立つ! 身体のしくみと使い方

 3月20日(月・祝)13:15〜18:45 

 2月28日までのご予約は早割!

RESERVA予約システムから予約する

 

◉3月のテーマWS 「腕を長くしなやかに使う」

 3月25日(土)14:15〜16:45 

RESERVA予約システムから予約する

 

ーーー・ー3月の通常レッスンー・ーーー
●「踊る身体の骨&コツレッスン マスタークラス」
 3月21日昼 「腹筋と体幹」 
   3月15日昼&21日夜 「肩関節」 
RESERVA予約システムから予約する
●「身体を活かす使い方」
 3月のテーマは「股関節とターンアウト」
 3月16日(木) 19:15〜20:45
 3月8・22日(水) 14:15〜15:45

RESERVA予約システムから予約する

●「ボディ・インテグレーション」
 3月1日(水) 14:30〜15:45
 3月17日 19:30〜20:45
RESERVA予約システムから予約する