力が抜ける!思うように身体が動く! <踊る身体の骨&コツ>

AT Dance さちこのアレクサンダー・テクニーク&マッピングレッスン

「頭が動ける」 プライマリー・コントロール

「あなたの頭は 動くことができますか?」 もちろん動けますよ~!ってグリグリと動かしたあなた 本当に自由な頭だったでしょうか このページで「頭」と言ったら「頭蓋骨」のことです では 頭蓋骨は脊椎の上で自由でしたか? 1つ前の記事で「首の一番上」のことを書きましたが この一番上まで首を長く楽に使っていて その上で頭は自由だったでしょうか アレクサンダー・テクニーク~アレクサンダー氏の発見には 「7つの原理」と呼ばれるものがあります その1つが 「プライマリー・コントロール 初源的協調作用とも言われますが 自分というメカニズムが働くときの 最初の一番大事なカギ 「頭が自由に動けるとき 身体も動ける」 そう 頭が動ける自由を持っているときは 身体も自由に動くことができます 裏を返せば 「頭が動けないなら 身体も動けない」 まったく動けないわけじゃないですが 動きにくいです これは 人間だけでなく脊椎動物のメカニズムなのですね もし 頭が動けなかったら・・・ 「私の頭は動かない 動けない」 そう思いながら両手を頭の上に挙げてみましょう 今度は「頭は自由に動ける 楽々~」と思いながら 同じように両手を頭の上に挙げてみましょう なにか違いがあったでしょうか どちらがスムーズでしたか? 挙げやすかったですか? では 頭が動けないって何でしょう どんなときに起きるのでしょうか まず 脊椎の一番上と頭蓋骨を結ぶ小さな筋肉群の収縮 頭蓋骨が離れたら困りますから 伸ばされると縮みます 伸ばされる=危険! なのですね 縮むときは身体全体も防衛本能というか 準備に入って緊張モードになるわけです そうすると 身体は微妙に動きにくくなってしまうので のびのびと踊るには向いていません それから 首の周りの筋肉が緊張しているときもですね 頭は脊椎&胴体の方にギュって引き寄せられます 後頭部が背中の方に落ちてアゴが上がっている時 (いわゆる悪い姿勢ですね) 首の後ろが縮んで頭は脊椎に引き寄せられて動けません 鼻先で見るようなツンとした姿勢の時も やっぱり首の後ろが縮んで頭は動けません 頭を後ろに引いて胸を上げている時もそうです 首の後ろを長くしているつもりでも 実は縮んでいます 背中から頭へは 斜め前に向かっているものですから 背中の上に頭を置こうとすると 首の後ろは緊張します 姿勢を良くしようと頭を上へと引っぱり上げた時 首がまっすぐになるためには 前側も縮んでいます 一番上で 伸ばされまいと引っ張り返す力も働くでしょう これも 頭は動けません 頭が動ける自由さがあるとき 頭は脊椎&胴体の方にギュッと引き寄せられることなく 脊椎を上から押しつぶすことなく 頭は ただ身体の一番上にあってバランスしています 首の周りの筋肉は 楽に長くなっています 頭につながっている脊椎全体は 本来の長さで楽に動けます たとえ身体が傾いていても 頭のてっぺんが下を向いていたとしても 頭は脊椎の流れのその先で 自由でいられるのです 何か余計なことをせずに ただ頭が身体の一番上にあるとき 首は楽で 頭は動ける自由さを持っています ただそのことを「頭は動けるんだよね」って知っておく それだけでいいのです 頭が動けるとき 身体も自由に動くことができます そして あなたは踊ることができます(^_^)b ■ダンスな身体の使い方 ~アレクサンダー・テクニーク あなたが「もっと良くしたい」動きを アレクサンダー・テクニークを使った新しいプランでやってみましょう☆   個人レッスンは随時ご予約を承ります  50分 5,000円 (さちこ自宅 or 場所のご用意がある場合)  お2人以上 または広いスペースを使いたい方は  スタジオでのレッスンとなります  (新宿のスタジオ使用の場合 +2000円~)  11月のグループレッスン(ご予約優先)  6日(木) 18:15~19:45   9日(日) 12:15~13:45   26日(水) 13:15~14:45    いずれも 新宿マイスタジオ6D  受講料:3,500円 あなたはいつでも変わることができます レッスンでお待ちしております!