力が抜ける!思うように身体が動く! <踊る身体の骨&コツ>

AT Dance さちこのアレクサンダー・テクニーク&マッピングレッスン

観念が行動を条件付けする・・つまり考えていることがカギなのだ!

「観念は行動を条件付けする」 つまり 考えていることが動きを条件付けるということ 何かが起きている時は あなたが考えている何かが その行動に条件付けしているわけですね 先日までグレッグ・ホールダウェイ先生が来日していました 元プロダンサーのアレクサンダー・テクニーク教師 運動力学やNLP神経言語プログラミング)にも長けています 先日グレッグ先生のクラスで バトマンをやりました 脚をポンと高く振り上げる動きです 私は左脚の股関節に壊死を抱えているので 股関節周りに緊張が起きて圧迫が起きると痛みます それと 左脚が軸で右のバトマンをやるときに 上げる勢いでやや上体が後ろにいってしまうと 軸の股関節が前に押されて やっぱり痛くなります なのでどこかで「痛くなりそうな不安」を持っていて 痛くならないようにしたいと思っています 壊死は 骨頭が壊れなければ問題ないのですが 壊れちゃうと人工股関節ってことになるのでね(^_^; そう話をする私を見て グレッグ先生は 「やる前に もうアドバイスできることがあるよ」と 頭が一番上にあること そして身体全体であること ・・をただ観察する 話ながら すでに固まっていたんですよね(^_^; そして「何をどうやったらいいか」ではないのです そこがアレクサンダー・テクニーク☆ 「あぁそうだよねぇ・・」と思いつつ上げてみますが なんか力が入って痛くなりかけて怖くてストップ(>_<) それまでずっと座ってましたしね まずは 問題のない右脚軸で練習します 不安がないととてもスムーズです♪ なのに 左脚でやろうとすると・・きますよ~緊張が もう一度左脚軸でやる前に グレッグ先生が少し手を添えて 私の首が楽になって 身体全体がついていくようにサポート やはりダンスモードになると(それとちょっとの不安と) 身体が後ろに引けていたのですね 身体が落ち着くと 気持ちも落ち着いてきます もう1回やってみると・・うーん 少しいいかも 「もう1つ伝えることがあるよ  脚を上げるためには 裏側の筋肉が長くなる必要がある」 あぁそうだった~ ももの裏側や大臀筋は長くなるんだ!  そして「今私はどうかな~」とただ観察しながら プレパレーションから右のバトマン! 今度は何も起きませんでした 痛みもないし 右脚もスムーズです 左脚は余計な押しをしていません 実はこの時 あることを思い出していました 「脚は裏側(ももの裏側)を使って上げるのよ」 ダンスの先生からこれをずっと言われ続けてきたのですね 本来ならゆるんで長くなる必要がある裏側の筋肉を 「使う」ことを考えていたわけです  てことで冒頭の 「観念が行動を条件付けする」 まさにそれが起きていたわけですね ダンスの先生の意図は長くなることだったかもしれないけど 私は使う=筋肉が支えるようにしていたわけです あまりに習慣になっていて すっかり忘れていました(^_^; それと 壊死と痛みが起きることへの不安もありました そういったいろんな考えが 行動(動き)を条件付け 影響を及ぼすわけですね~ 人間って深いわぁ・・・ あなたの動きはどんな観念に条件付けられてるでしょうか? 自分では気づかないことだから 一緒に探求してみませんか  ■ダンスな身体の使い方 ~アレクサンダー・テクニーク  グループレッスン(オープンクラス:90分)   10月18日 18:15~ マイスタジオ5C   19日 12:15~ マイスタジオ6D  個人レッスンは随時ご予約受付中☆ 詳しくはHPをご覧ください メールでのお問い合わせ&ご予約を承ります  sachicatdance@gmail.com