力が抜ける!思うように身体が動く! <踊る身体の骨&コツ>

AT Dance さちこのアレクサンダー・テクニーク&マッピングレッスン

松本選手 金おめでとう☆

柔道の松本選手 金メダル取りましたねー!

湧き出る闘志とともに 安定感のある構えが美しかったです

相手のカプリ・・・すみません 名前難しいですね

カプリイオリウ(コピペします!)選手の構えは

背中の丸くなった あまり機能的ではない体勢でした

アレクサンダー・テクニークでは 機能的に優位な体勢を

モンキーという名前で呼んでいます

モンキー=猿 

そんな体勢です

ただ立って 頭が動いて身体全体がついていって

股関節・膝・足首がゆるゆるっと屈曲した状態

膝は前、股関節は後ろ

上体はやや前傾する感じ

腕は何もせず ただ落としておくと・・・

ほら 猿でしょ(笑)

このときに 脊椎が自然なカーブで長い状態にあること

股関節から曲げていること

それがポイントです

座骨から頭に向かってすっと伸びている状態

昨日の松本選手はそんな感じで動いていました

もちろん 腕は前ね

この体勢は とても安定していながら

いつでも足が移動できる 自由度の高い状態でいられるのです

前からの押しにも脚がふんばれるし 脚を動かしてバランスを保てる

バレーボールやテニス 卓球などの球技の

待ちの姿勢には一番適した体勢なのだそうです

相手と組む格闘技にも当てはまりそうですね

もちろんダンスにも重要ですよ

踊っている最中のいつでもが この体勢のヴァリエーションです

トップジョイントから座骨までの 長くしなやかな脊椎と

自由に移動できる脚

この組み合わせ 最強です!