力が抜ける!思うように身体が動く! <踊る身体の骨&コツ>

AT Dance さちこのアレクサンダー・テクニーク&マッピングレッスン

ヒールを履いて立つ・踊ると腰が痛い

昨日のキャシーのワークでは ヒールを履いて踊ることをきいてみました

普通に裸足やジャズシューズで踊ってるときに比べて

ヒールを履いて踊る時の方が腰にくる・・・

そんな経験はありませんか?

ヒールで踊るんでなくても 女性なら普段もかかとの高い靴履きますよね

今年は特にヒールの高いサンダルが多いようです

さて かかとが高くなっているとき 腰が痛くなる

いったいその時の自分は どこで何をやっているのでしょう?

何かをやっていた場所

それは 「足首」でした

かかとが高くなる=靴は斜め になっています

後ろが高くなっている その靴と接する足裏に対して

脚が いつもと同じように直覚を保ちたがっていたのです

身体は 地面に対して垂直方向に立っているのに

足首のところでは 靴の斜めに対して垂直にしようとしている

ということは 斜め前方に立ち上がる脚を 

どこかで上に戻さなくてはいけません

それを 腰でやっていたわけです

股関節も少し前に押していました

高いヒールを履いて 膝が曲がってギクシャク歩く人

あれも 足首で起きている斜め前上への脚を

戻すことを 膝でやっていたわけですね

そのときの足首は 前側をキュっと固めていて

伸びることを嫌がっているのです

ほんの少しなんですよ もちろん

でも そのちょっとが 足首の自由を損ない

どこか別の場所で調整せざるを得ない状況を作っているのです

キャシーの手が 私の頭と骨盤あたりに触れます

ハンズオンという アレクサンダー・テクニークのサポートで

身体全体が前へ上へと戻す手伝いをしてくれました

そうすると 腰の余計なカーブが戻り 股関節の押しが減り

バランスが足首の上に戻ってきました

足首の感覚としては 前面の緊張が抜けて

足に対して斜めになっていて

でも あまりつま先の方に押すことがなく

ただ乗っかっている感じ・・・かな

今 書いていてふと思ったのですが・・・

よく 足のローリングアップをやるときとか

ドゥミにした後で膝を伸ばす時に かかとが落ちてしまうのって

足首の前面が伸びるのを 自分で止めちゃってるのかも?

膝を伸ばすことだけでなく 足首も伸びていいよって

思ってみたら何か変わるかもしれませんよ!

ポアントの場合はさらに高いので 足首をいっぱい伸ばすわけですが

立つ方向は 上ではなく「前」を意識するといいそうです

上だと 後ろにいってしまうみたいです