力が抜ける!思うように身体が動く! <踊る身体の骨&コツ>

AT Dance さちこのアレクサンダー・テクニーク&マッピングレッスン

続・腕を上げる

朝書いた「腕を上げる」の 肩や肘から腕を上げるダンサーは

実は私のことです

アレクサンダー・テクニークを始めた頃は

この習慣には気づいておりませんでした

いや正確には 腕はそうするのが効率的と思っていたわけですが

それが日常にこれほど深く染み付いているとは知らなかったのです

ただシンプルに 前を指差すという動きをするにも

一度上げてから伸ばしたり

前から上に上げる時も 自分ではまったくわからないのですが

どうしても肩が先に動いて 指先がリードすることができない

でも 自分ではそれがまったくわからないのです

今はその違いがわかるようになりました

見ていても 指先からすっと動く人はわかります

で なんでこれが大事なのかというと!

腕のラインが変わります

肩が先に動くということは 三角筋が収縮し続けるので

ずっとそれをやっていると 肩のあたりがポッコリしてきます

首から背中のラインも 力が入った感じになって

筋張ったふうに見えてきます (痩せているせいもありますよ)

指先から動いている人は 肩周りに余計な緊張がないので

肩から腕にかけてのラインがスラッとしてるんですよね

私自身 もちろんレッスン量が減ったことなどもありますが

以前よりも筋肉の盛り上がりが減ってきました

特に腕のラインを気にしたいバレエダンサーの皆さん

「指先が動きをリードする」

おすすめです!