力が抜ける!思うように身体が動く! <踊る身体の骨&コツ>

AT Dance さちこのアレクサンダー・テクニーク&マッピングレッスン

腕はどこから始まるか

さて 腕はどこからでしょうか

指差してみましょう

肩のあたり?

背中から腕っていうし 肩甲骨の方?

いえいえ どちらも違います

解剖学的に言うと 腕(上肢)は鎖骨が胸骨と関節する場所

そこが腕の始まりになります

「え~~!」っていう声が聞こえそうですが 本当です

腕が軸骨格とつながっているのは その部分だけなのです

ためしに 鎖骨に触れながら腕を上下左右 ぐるっと動かしてみてください

ほら 鎖骨も一緒に動いているでしょ

つまり 鎖骨は腕の一部なんです

実は今日のキャシーのクラスで

楽器演奏をする人が2人いました

ドラムとフルートで 楽器は全く別なのですが

お二人とも速く演奏したいという望みをもっていました

そのときにキャシーが見たものは 腕のつけね

つまり鎖骨と胸骨の関節(胸鎖関節)が硬くなっているということ

キャシーのサポートを得て 腕の自由を取り戻した2人の演奏は

いっそう軽やかになっていきました

ダンサーの場合 腕はとても目立つ場所だし動きも大きいです

胸鎖関節が硬くなって動きにくくなっていると

腕全体の動きが悪くなって 肩を痛めて腕が上がらなくなったり

腕のラインがきれいじゃなくなりますよ

腕は鎖骨から 覚えておいてくださいね~!

あ ちなみに私たちは「肩」という言葉はあまり使いません